荒ぶる物理演算を修正する方法

スポンサーリンク

トレースモードを使い物理オンオフ

①破綻しすぎる所のモーションを修正する ②トレースモードを使い物理演算の破綻するところだけ修正するor物理焼き込みを使う

という手順を踏みます。またカメラをいじって映さないという方法も有効です。

①まず流し込んだモーションがキャラクターの体格に合ってなかった場合破綻が起きやすくなります。以下の方法でモーションを修正します。

それでも治らない場合…例えばしゃがみや蹴り、ターンに弱いです。そういうときはモーションの勢いが落ちても良いのでモーション自体を直接いじってください。一番破綻しやすい蹴りだったら足を少し下げてみるとか…。

②どうしても治らないところはトレースモードを使って修正します。トレースモードで物理を登録し、再生する時は物理オンオフモードで再生します。詳しいやり方は下記リンクをどうぞ。

モーション修正-04 物理をオンオフできるようになろう:破綻をどうにか撲滅し隊
モーション修正-04 物理をオンオフできるようになろう
モーション修正-05 トレースモードって案外すごい:破綻をどうにか撲滅し隊
モーション修正-05 トレースモードって案外すごい

物理焼き込み

PCスペックのある人向け。

紹介しておいてなんですが、私は上記の方法を使っていません。

物理焼きこみを使います。

この方法の利点は出力ガチャしなくて済むところにあります。

MMMで焼き込む方法

以前使っていた方法です。

①モーションを修正する

②物理を焼き込む(MMMの機能です)

③破綻箇所を手動で治す(スカートならスカートのボーンを直接いじります)

④プラグインを使ってキーをなめらかにします

NexGimaを使う方法

NexGiMa
概要

今はこちらを使うことが多いです。

NexGimaを使った物理焼き込みの利点は、120fps、300fpsといった高fpsで焼き込めるため、物理が荒ぶりにくくなるところにあります。

物理演算のfpsの変更はツール>オプションの物理演算でプリセットを選択して設定できます。

焼き込みは、ツール>キー焼き込みでウィンドウを開き、物理焼き込みにチェックを入れて実行すると焼き込めます。

タイトルとURLをコピーしました