現在のエフェクト構成 – HgToonShaderが超おすすめ

エフェクト

自慢のエフェクト構築ができたので紹介。

エフェクトメイキングを作ったので効果の程はそちらを見ていただけると。

【MMDプリパラ】エフェクトメイキング
【MMDプリパラ】エフェクトメイキング twitterに上げてたもの関連ブログ→→ @darkivy_mrk

rayとかの高級な質感超羨ましい!

でもMMDのモーフで頭痛くなる量のパラメータをいじりたくない!一回設定したら何度でも使いまわしたい!

というズボラ派の人におすすめ。

ちなみに紹介するエフェクトはすべてMMMで使うことができる。

スポンサーリンク

照明

順光。x-0.5、y-0.3、z+0.8程度。

順光は逆光より調整がしやすいが、気迫にかけのっぺりした印象にもなりやすいのが欠点。

そこでこの構築では順光を暗めの色で当て反射光やリムライトで強い光を表現することで斜光っぽくなり、メリハリをつけつつかわいさと適切な色バランスを保っている。

HgToonShader

針金P作。今年7月に配布されたばかりのシェーダ。

MikuMikuShading(シェーダエフェクトGUI化ツール) / 針金 さんのイラスト
シェーダ系エフェクトのパラメータ設定をGUI操作で行えるようにするツールです。 移植の手間はかかりますが、既存のシェーダ系エフェクトも本ツール向けに改修して、 煩雑なパラメータ調整やMME上の設定が、ツール側

これは本当にすごい!

HgToonShaderの凄いところをいくつか挙げていくと、まずMMD側でなんもしなくていいところ。ツール側でサブセット展開をしてからエフェクトを当てる…つまりMMD上でサブセット展開をしなくて良いわけだ。

またかけ分けが楽で再利用性が高い。ツール側で材質をグループ化できるので、かけ分けがめちゃくちゃ楽。ある動画で使ったシェーダを、別の動画でもすぐに当てることができる、この楽さは一回使ってみるとわかるが革命的。なんかもう、材質ごとにシェーダ作ったりMMD上でごちゃごちゃたくさんのパラメータいじったりしてたのがバカみたいに思えてくる。

しかも自由度が高い。光沢表現に強く金属とかテカテカにできて楽しい。もちろん影の効かせ方も自由自在。リアル調にしたかったら法線マップもできる。嘘影もバッチリ対応済み。しかも、当然のようにMMMに対応済み!これは本当に神。

ローカルがヒントテクスチャで汚れない。基本的にヒントテクスチャがいらない。

fxをガンガン上書きできる利便性。データをsapファイルで管理するので、違うバリエーションのエフェクトが作りたくなったときでもfxファイルは1つで良い!モデルにかけ直すのがめんどくてうっかり上書きしてしまうズボラ派でも大丈夫!

機能性も変更の強さも表現力もすべてが最高。みんな使おう。何故か使ってる人あまり見ないので今度記事書こうかな…?

自分の構築では光を暗めに、影をやや強めにしている。あとで白飛びしないようにです。

SvSSAO

前の記事でも紹介した愛用エフェクト。

シェーダでつかない場所に影が落ちる。光と影のメリハリが大事。

AutoLuminous

目のハイライトを光らせる。

PowerDoF

背景ぼかし。Si0.4。

DepthoffSetRim+AA

鍵束さん作。PostSimpleBというエフェクトセットの1つ。深度差を利用してリムライトを追加するもの。

普通のリムライトと違い常に左側が光る。これが良い。リムライトの光とシェーダの光が合わさってのっぺり感を解消できる。

類似エフェクトにPostRimLightoon_Depthがある。こちらはMMM未対応。

HgDiffusion

拡散光。なくてもいいがエッジがボケるのが好きなので入れている。Tr0.4。

LightBloom

ruiさん作。ray-mmdのExtentionに同梱されているもの。

実はこのExtensionのエフェクトは単体で使えたりする。これに関しては以前の記事で紹介しているので気になる方はそちらを見てね。

今回の構築の肝。HgToonShaderの反射光とDeapthoffSetRimのリムライトがふわっと光って最高にいい感じになる。HgToon+DepthoffSetRim+LightBloom、このデッキあまりにも強い…

BloomThreholdを0.3~0.4程度で使っている。他はすべて0。

こちらもMMMで使うことができる。セルゆかりさんという方がMMM対応して下さっている。

LightBloom-1.1.1 for MMM - BowlRoll
セルゆかりの作品です。

ikclut

色調補正。o_tonemapに乗り換えようか思案中。パレットは自分で作ろう。

Tr0.6くらいでかけている。PostMovieの補佐として使う感じ。微調整用。

PostMovie

映画風になるフィルタ。グラデが入ってかっこよくなるのでお気に入り。白飛びしやすいのが難点で逆光専用みたいな所があったが、今回の構築ではそこも克服済み。自分でお気に入りのPostMovieを作ると楽しい。

Tr0.4くらいでかけてる。大雑把な色調はこちらでやる。

タイトルとURLをコピーしました